×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブロード=イタリア料理に使うブイヨン。 
野菜だけの物もありますが、
私は一度湯通しした手羽先の先の部分(いつも捨てる所)も入れて作ってます。

鶏がらスープのとり方
A
B
C 大きい鍋に、水3リットルと材料(鶏がら、長葱、生姜)を入れ、強火にかけます。
D 沸騰するとアクが出てきますので、丁寧に取り除きます。ここでアク取りをサボると
   スープ全体にアクがまわり臭みが出てしまいますので、要注意。
E アクが少なくなったら、弱火にして、2時間ほど煮ます。
   この間も、アクが出たらこまめに取り除いてください。
F
G
基本 はじめに スープ 
@
市販のスープには、洋風・中華風があり、それぞれ固形・顆粒・液体等があります。
洋風では『コンソメ』や『ブイヨン』が一般的ですが、これらもチキン・ビーフ・野菜などに分れています。
いずれも使う際は、素材に合うよう注意してください。中華風は『がらスープ』が一般的です。
これら「スープの素」は、メーカーによって多少の差はありますが、いずれも塩分が強いので、
分量に注意する必要があります。

より自然な味を出すには、これら「スープの素」ではなく、材料から直接スープ(だし)をとった方が
(言うまでもなく)美味しいです。

ここでは、鶏がらスープのとり方とブロードの作り方を紹介します。
@手羽先の先の部分は2分程度煮て サッと洗い汚れや脂をおとしておく。
A玉ねぎ、人参、セロリは薄切りにしておく。
B鍋に全ての材料を入れ火にかけ 沸騰したら弱火にして 丁寧にアクを取りながら 40〜45分煮る。
C火を止め 40〜45分したら越してできあがり。
*鶏がらスープと同じく 冷凍保存しておくと便利です。
2000cc セロリ 1/2本分
玉ねぎ 1個 ローリエ 2枚
人参 1/2本 粒こしょう 10粒程度
パセリの茎 2本分 手羽先の先の部分 5羽分
C
D
E
@ 鶏がらを2羽分用意します。ある程度肉が残っていて首がついているものを選んでください。
A 写真Aの上は処理する前です。血合いがそのまま残っているので、流水で丁寧に取り除いてください
   (アクや臭みの原因になります)。下の写真が処理後です。
B 長葱の青身を1本分と生姜1かけ分は、それぞれ瓶の底などでつぶしておきます。
ブロードの作り方
F ザルやこし器などにさらしなどを敷き、スープをこします。
G 出来上がったスープは、製氷機でブロック状にするか、フリーザー用の保存袋に分量毎
   (100cc・200cc単位など)に分け、冷凍保存すると便利です。