×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鰹節について
基本 はじめに  昆布・鰹  
ダシを取る時の鰹節は、大きく薄く削った物を使います。
厚みのある物を使うとダシ(味)が濃くなります。
但し厚い物は慣れないと臭みが出てしまう事が多いので、
家庭では薄い方が使いやすいでしょう。(早く取れて、生臭みが出づらいので。)
スーパーなどで売られている小さいパック詰めは、本来かけて食べる物ですから 
ダシ取りにはむきません。
節にはいろいろな種類があります、
ス-パでは、鰹節の他にさば節が良く見られます。
(さば節は、コクと旨味があり濃いダシが取れます。)
その他、まぐろ節、めじか節、むろあじ節、うるめ節 などがあります。
ちなみに関西の料亭では まぐろ節、名古屋の味噌煮込みうどんは むろあじ節
を使っている所が多いようです。
それぞれの節のダシは、香りやコクが違ってくるので、料理により使い分けます。
保存は昆布と同じですが、なるべく早めに使い切った方が良いです。
 (1〜2週間)