×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

基本 はじめに 火加減 
火力は基本的に 強火 中火 弱火 とろ火 であらわします。
火加減に気を付けないと、煮くずれ、半生スープなどでは濁ったり臭みが出たりと失敗の元です。
弱火=炎が鍋底から完全に離れた状態
強火=ガスレンジのバーナーを全開にした状態
中火=ガスの炎が鍋底に 触れるか 触れないか位の状態
とろ火=弱火よりさらに炎が小さい状態、写真は小バーナーの
弱火です。本当のとろ火は、魚焼きやもち焼きの網の上に鍋を
置き、直接 鍋に火を当てない状態の事を言います。
家庭用のガステーブルだと大バーナー・小バーナーと分かれているので、
強火の場合は、大バーナーの強火、とろ火の場合は、小バーナーの弱火で私は使い分けています。