×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

焼き茄子
&
焼き下仁田ネギ
材料(2人前)
なす 2〜4本
下仁田ネギ 1〜2本
醤油 適量
適量
下仁田ネギは、タンパク質(ミューシン)と香辛料(硫化アリール)が多く含まれ、ビタミンB・Cも豊富。
生食にはむかないのですが、煮る・焼くなどすると短時間で柔らかくなり、甘味が出ます。
とろけるような舌触りと甘味は天下一品です。
作り方
@ ナスは水洗いし、がくを揃え切る。(包丁を軽く がくに当て茄子を回しながら切り込みを入れると良い。)
   下仁田ネギは、土を落とす程度に洗い皮を抜かない。
A 魚焼きグリルで、ナスと下仁田ネギを中火でじっくり全体が焦げるまで焼く。
B 焼きあがったら、熱いうちに皮を剥く。
  (キッチンペーパーで包んで持つと良いです。水につけると身が水っぽくなるので水につけません。)
C 皮を抜いたナスと下仁田ネギを半分に切って、皿に盛り付けて、ナスは醤油、下仁田ネギは塩で食べる。