×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

材料(2人前)
パスタは、時間が勝負!
手ぎわ良く調理していきましょう。

(@⌒▽⌒@)
作り方
@ 深鍋に水を入れて沸騰させます。(目安はパスタ100gに対して水1L、塩大1です。)
A ブロックベーコンは1cm幅に切る。にんにくは横に薄切りにする(真の部分は取り除く)。
   赤唐辛子はヘタと種を取り3〜4等分にちぎる。トマトは細かく刻んでおく。
B フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ弱火で香り立つまで 炒める .
   にんにくが キツネ色になったら取り出しておく。
   * にんにくは火が強かったり熱を加え過ぎると、すぐ焦げるので気を付けて!
C Bにベーコンを入れて中火で炒める。パスタを茹でる。
D ベーコンの表面がチリチリになったら、トマトを半分入れ弱火で煮る。
E パスタが茹で上がる、約3分前に残のトマトを入れ塩コショウで味をととのえる。
F フライパンに茹であがったパスタを入れ、火を止めてあえる。
G 皿に盛り付けて、Bで取り上げておいたにんにくをちらす。
筑前煮
トマトを2度に分けて入れるのは酸味が好きだからです♪
ホール缶は、イタリアの『スピガドーロ』のを使っています。熱を加えても、酸味やイタリアントマトの
味がちゃんと残るので、好んで食べています。
写真が使用したトマト缶で、奄ェプチトマトのホール缶です。
ロングパスタ 200g
パスタを茹でる塩 大2
ブロックベーコン 200g
にんにく 2かけ
赤唐辛子 1本
オリーブオイル 大3〜4
トマトホール缶(400g) 1缶
適量
こしょう 適量
写真をクリックすると拡大されます。
A
A
A
B
一味違うプチトマトのソースは
忘れられない味になるよ〜♪
酸味が強いから、冷たいソースや
スープにも、お薦めのトマト缶です。
D
E
F
G