×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

F シロップを作る お湯に砂糖を溶かし冷めたらキルシュワッサーを加える。
G 冷めたスポンジを半分に切り、底になる部分以外のスポンジに、刷毛でシロップを塗る。(余っても良いです。)
  ( 焼き目が濃かったりしたら、上面を薄く切ると良いです。)
H クリームを作る 苺を洗いヘタを取り小さく切り、ボールに目の細かいざる等を置いて苺をゴムベラ等を使いこす。
I 別のボールに生クリームを入れ、泡だて器(ハンドミキサー)で5分立てになったら砂糖を入れ、
   軽く混ぜたらFの苺果汁を入れ、8分立てにする。
J 残りの苺を洗って水気をキッチンペーパーでふき取る。ヘタを取って 飾り用の苺を数個残し、残りを半分に切っておく。
K 仕上げ 下部分になるスポンジにクリームを均等になるようにパレットナイフで塗り、半分に切った苺を重ならないように並べる。
L 苺の上にもクリームを塗り、残りのスポンジをのせて軽く押える平らにする。
M 上面にクリームを均等に塗り、側面を塗る(回転台があれば回しながら塗る。なければ焼き型を台として使うと良いです。)
N 金具を付けた絞り袋に残ったクリームを入れて、絞り出し飾り付ける。
  (絞り袋から絞り出す前に、2〜3センチ位ボール等にクリームを絞り出してください。中に入ってる空気を出してから使う。)
苺ケーキ
材料(18センチ型1個分)
@ 下準備 小麦粉をふるっておく。バターを室温に置いてクリーム状にする。
   テフロン加工の焼き型ならバターを薄く刷毛で塗っる、テフロン加工してない型なら、バターを塗った上に、
   オーブンペーパーを型の高さから数センチ出るように張ったら、底と同じ大きさに切った紙を底にひく。

A ボールに卵を割り溶きほぐしてから砂糖を入れハンドミキサーで混ぜながら、
   湯煎にかけて人肌まで温め湯煎から下ろしてもたっとなるまで泡立てる。
   (冷めると良く泡立たないので、泡だて器よりもハンドミキサーで素早く混ぜると良いです。)
B ふるっておいた小麦粉を何度かに分け入れ、ゴムベラ等で底からすくうようにさっくり混ぜる。
   (この時ゴムベラの動く方向と逆の方向にボールを回すと良いです。)
C 溶かしバターをゴムベラに当て入れ(直接入れると泡立ったのが潰れてしまいます。)
   素早くむらなく切るように混ぜ合わせる。
D 型に流し入れて、型を持ち上げて一度軽く落とし空気抜きしてから、180度に熱しておいたオーブンで15分、
   170度に下げて10〜15分焼く。 (焼き上がりは、竹くしを刺して  生の生地が付いていなければ良いです)
E 網等の上に逆さまに置いて、型をはずし冷ます。(オーブンペーパーは冷めてからはがします。)
スポンジ
3個
砂糖 80g
小麦粉 90g
バター 30g
バター(型用) 適量
クリーム
生クリーム 400ml
砂糖 30g
6〜8個
シロップ
80cc
砂糖 大2
キルシュワッサー
(又はブランデー)
30ml
飾り
苺(小又は中) 1パック
A
湯煎
大き目の鍋に湯を沸かし、
そこにボールを乗せて間接的に
熱を加える方法の事を言います。
キルシュワサー
さくらんぼのブランデーです。
人肌の温度とは、約36度
クリーム状
室温又は湯煎でやわらかくしたもの。
溶かしバター
湯煎又は電子レンジで
加熱して液体状にしたもの。

今回は、シュガーブラワーとお内裏様とお雛様の
お菓子(市販)で飾りつけしました
v(=∩_∩=)
生クリームは白く見えますが、ほんの少しピンク
かかっています。味はちゃんと苺味です♪
もう少し色が濃いのが良ければ、
苺を2〜3個追加しても良いです。
H
I
K
L
M
作り方
写真をクリックすると拡大されます。
N
B
C
D
E